Home » ステビア植物成長剤「美夢精®舞花」詳細, トピックス » ステビア資材の効果

ステビア資材の効果

カテゴリー : ステビア植物成長剤「美夢精®舞花」詳細, トピックス 掲載日:2014年7月29日 , 更新日:, 投稿者:
みかん

【ステビアが土壌微生物のエサとなり、増殖活性を促す】

ステビアパウダーやペレットを基肥などと共に土壌混和すると、土壌の微生物が活性化します。微生物の活性は土壌の団粒化を促進し水はけがよく、必要な水分を蓄える事の出来るフカフカな土壌にします。さらに、根圏微生物の活性化により養分吸収の手助けをします。

土壌微生物活性状況顕微鏡写真

土壌微生物活性状況顕微鏡写真


土壌(根圏)微生物の増殖活性は様々な効果をもたらします。土壌の団粒化や養分吸収の補助、さらに分泌物を植物が吸収し生長を促進する効果が知られています。
土壌微生物が豊かに!微生物や小動物が土の団粒化を促進し作物の生育に理想的な環境を作り出す!有機物を分解!土壌をフカフカに!

【土壌の団粒化を促進させ、発根を促す】

ステビアの施用により、活性化した土壌微生物が土壌の団粒化を促進し、水はけが良く、必要な水分を保持する事の出来るフカフカで良好な土壌になります。このことにより、植物の発根を促し、健全生育を可能とします。

葉タバコの発根状況の違い

葉タバコの発根状況の違い


ステビア施用区は主幹根の太さに大きな差が現れている

【土壌の微生物相が安定し、病害を抑える事が出来る】

土壌微生物の活性は、土壌の微生物相を整え病害の元になる微生物を拮抗作用によって抑えこみます。

モンバ病樹木へのステビア施用後の発根状況

モンバ病樹木へのステビア施用後の発根状況


モンパ病に侵された根から新しい根の発根が見られた 約5ヶ月半

【ステビアが持つ乳酸菌が土壌の残留農薬を低減させる】

現在、ステビアは様々な研究機関によってその効果を研究されています。
ハーブ「ステビア」から抽出。乳酸菌で残留農薬減少
参照:平成18年10月4日毎日新聞
ステビア独自の乳酸菌が農薬を低減させることを福岡農業高校の専攻科の研究グループが実証したと発表しました。このことから、土壌の残留農薬の低減にも役立つと考えられます。

【葉面散布により光合成を促進する】

ステビア抽出液肥を葉面散布する事で光合成を促進し、さらにステビアに含まれる抗酸化物質(ポリフェノール類)を吸収します。光合成の促進は硝酸態窒素の蓄積を減らすと共に作物の糖分やタンパク質を増やし、生長促進や食味を良くします。ステビアに含まれる抗酸化物質は作物の日持ちを良くします。
光合成を促進する
硝酸態窒素は植物にとって重要な栄養素であり、不可欠な物です。しかし、過剰な硝酸態窒素は食味を悪くするだけでなく、光合成が消費に追いつかず葉に蓄積してしまいます。さらに、過剰摂取による人体への悪影響が近年問題となり、基準値をもうけている国もあります。

お問い合わせ電話番号は075-313-3111メールでのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る

株式会社フロームフジ

Copyright(c) 2014 株式会社フロームフジ All Rights Reserved. Created by MTAC