Home » ステビア植物成長剤「美夢精®舞花」詳細, トピックス » ステビア施用基本マニュアル

ステビア施用基本マニュアル

カテゴリー : ステビア植物成長剤「美夢精®舞花」詳細, トピックス 掲載日:2014年8月2日 , 更新日:, 投稿者:
ステビアイメージ1

ステビア施用基本マニュアル

品目 育苗(任意) 葉面散布(午前中散布が望ましい)
蕾(果房) 結実 収穫1週間前
果菜類 ステビアエキス1,000倍希釈 ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布 ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布 ステビアエキス1,000倍希釈
果樹類 ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布 ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布 ステビアエキス1,000倍希釈
葉菜類 育苗を要する品目
ステビアエキス1,000倍希釈
子葉展開時
ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布
本葉展開時
ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布
ステビアエキス1,000倍希釈
豆科類 育苗を要する品目
ステビアエキス1,000倍希釈
発芽後芽揃い時
ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布
中間生育時時
ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布
ステビアエキス1,000倍希釈
根菜類 育苗を要する品目
ステビアエキス1,000倍希釈
間引き後・芽揃い時
ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布
中間生育時時
ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布
ステビアエキス1,000倍希釈
水稲 ステビアエキス1,000倍希釈 ステビアエキス500ccを水はり時の流し込み または、1,000倍希釈葉面散布

※花芽を要する品目においては、芽の時期に液肥を与える事で結実後の品質向上に好影響を与えます。この時に、ステビアの肥料吸収向上及び光合成向上作用の特性を活かし併用して下さい。

※殺虫剤との混用は可能ですが、殺菌剤との混用は避けて下さい。殺菌剤が薄まる事で殺菌作用に影響をきたす事が考えられます。

ステビア施用基本マニュアル

品目 育苗(任意) 葉面散布(午前中散布が望ましい)
定植後(移植) 土寄せ時 収穫1週間前
葉菜類
青ネギ釈
育苗を要する品目
ステビアエキス1,000倍
希釈にて葉面散布
ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくは5%以内のNとPK主体のアミノ酸系液肥との混用散布(移植時の根傷み及びストレス緩和防止及び食味の追及) ステビアエキス500倍希釈液とNの無いもしくは5%以内のPK主体のアミノ酸系液肥との混用散布(食味の追求) ステビアエキス1,000倍希釈(日持ち性の向上)

※ステビアエキスの葉面散布により移植後の品質維持及びその後の向上、またステビアの光合成向上作用からなる肥料吸収向上の特性を活かし極力はアミノ酸系液肥を併用して下さい。

※殺虫剤との混用は可能ですが、殺菌剤との混用は避けて下さい。殺菌剤が薄まる事で殺菌作用に影響をきたす事が考えられます。

水耕栽培ステビア施用基本マニュアル

品目 育苗(任意) 葉面散布(午前中散布が望ましい)
蕾(果房) 結実 収穫1週間前
果菜類
トマト
発酵エキス1,000倍希釈液(12.5cc)葉面散布 発酵エキス500倍希釈液(25cc)とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布 発酵エキス500倍希釈液(25cc)とNの無いもしくはN5%以内のPK主体の液肥との混用葉面散布 発酵エキス1,000倍希釈液(12.5cc)葉面散布

※メリットがデメリットに・・・養液(溶液)にステビア発酵液を混入することで、チューブ内のコケを肥らせ目詰まりをおこす事例がありました。
その事例から定期的な配管チューブの清掃が必要となりますので葉面散布に切り替える事をお薦めします。

※ステビアエキスの葉面散布により移植後の品質維持及びその後の向上、またステビアの光合成向上作用からなる肥料吸収向上の特性を活かし極力はアミノ酸系液肥との混用をお薦めします。

※殺虫剤との混用は可能ですが、殺菌剤との混用は避けて下さい。殺菌剤が薄まる事で殺菌作用に影響をきたす事が考えられます。

お問い合わせ電話番号は075-313-3111メールでのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る

株式会社フロームフジ

Copyright(c) 2014 株式会社フロームフジ All Rights Reserved. Created by MTAC